Ambassadors

井上 康生

柔道家/東海大学 スポーツプロモーションセンター教授
1978年5月生まれ。
宮崎県出身。
東海大学付属相模高等学校を経て、東海大学体育学部武道学科卒業。
同大学大学院体育学研究科修士課程修了。
切れ味鋭い内股を武器に、大内刈、大外刈、背負投げなどを得意とする攻撃型柔道で数々の結果を残した。
99、01、03世界選手権100キロ級で優勝。
00年シドニーオリンピック100キロ級で金メダルを獲得。
01~03年全日本選手権優勝。
08年に第一線を退き、09年より2年間、英国に留学。
帰国後の11年から全日本男子柔道強化チームコーチ、12年11月より全日本男子柔道強化チーム監督を務め、16年リオオリンピックでは全階級メダル獲得、21年東京オリンピックでは史上最多の5個の金メダルを獲得。
同年9月に2期9年の任期を終え退任。
現在、全日本柔道連盟強化副委員長及びブランディング戦略推進特別委員会委員長、日本オリンピック委員会パリ五輪対策プロジェクトリーダー、特定非営利活動法人JUDOs理事長を務める。

HEROs Sportsmanship for the futureは、日本財団が運営しています。

痛みも、希望も、未来も、共に。