HEROs AWARD 2021

寺田明日香

A-START
PROJECT OVERVIEW
A-STARTでは、学生アスリートを対象に、トレーニング/食事/睡眠について学ぶオンラインプログラムと合宿形式で寺田氏本人と練習、生活する機会を提供している。
2020年は新型コロナウイルスの影響により世界中が未曽有の危機に直面する中で、多くのアスリートも同様に練習や大会の中止など様々な制限を受けた。寺田氏もまた東京五輪を目指す中で困難な状況にいた一人であったが、彼女にとって何より気がかりとなったのが次世代を担う学生アスリートの存在である。この状況が長く続いてしまうと競技に対するモチベーションが下がり、自分の目標を見失ってしまうのではないかと危機感を感じていた。
そこで、寺田氏はどんな苦しい時でも自分で考え、答えを導き出せる力を持ってほしいという想いを伝えるためにこの活動を開始。
結果として、合宿に参加した多くの学生アスリートから自己ベストを更新したという報告を受け、また練習環境にあまり恵まれない学生アスリートからも自らコーチを探して練習環境を工夫していることや、栄養士に連絡して相談に乗ってもらっている報告を受けており、学生たちが自分で考えて行動を起こせるようになっていることも実感している。さらに、寺田氏自身もキャンプ後に、自身の日本記録を2度更新するという偉業を成し遂げており、関わる全ての人が活動による良い影響を受けている。
受賞部門

女性部門

プロジェクト名

A-START

取り組む社会課題

・コロナ禍での学生アスリートの練習環境の悪化やモチベーションの低下
・主体性で自立した人材の育成

目標/ミッション

・学生アスリートに対して、自分で考えて目標を成し遂げることの重要性を伝えること
・多くの刺激を与えることにより、競技に対するモチベーションを高めてもらうこと

活動開始時期

2020年~

MOVIE & PHOTOS

審査員・アンバサダーコメント

松田 裕雄
筑波大学客員准教授(国際産学連携本部)、株式会社Waisportsジャパン代表
寺田氏の取組には、大きく2つの意義がありました。一つは、競技力の高低に関わらず広く若い世代に対し、非日常の環境(本来であれば選抜等トップレベルでないとなかなかない体験)を提供することで、彼らが改めて自己と向き合う機会を創出し、その成長に寄与したことです。もう一つは、アスリートにとっての「キャリア」に対する捉え方や視点を変え、誰しもが行動を起こし、カタチにできることを証明したことです。
特に後者について、本取組は、「キャリア」とは自らに外在するものではなく、内在するものであって、それは自己と向き合うことで誰もがカタチにできるものであることを証明していました。本取組は寺田氏の3つのキャリアの融合であり、これまでご自身が絶えず自分と向き合う日々を過ごしてきたことが伺えるものでもありました。その3つとは、「過去のキャリア(job;資格・学歴・職歴等これまで経験したこと)」、「現在のキャリア(career;専門性・ネットワーク等今持っている能力・人脈)」、「未来のキャリア(life;生き甲斐・哲学等これから創造するもの)」です。特に寺田氏の「過去のキャリア」のひとつ、競技種目(環境)を変えることで自らが大きく成長できたという成功体験は、まさに今回学生たちが環境を変えることで多くの気づきと成果を獲得するという契機にも大きく作用したといえます。
今回の取組は、3つのキャリアは常に身近にあり、いつでも世のため人のため、自分のために出力できるものであることを「スポーツを通じて」証明し、HEROsの趣旨・理念を先導する価値ある取組でした。
長嶋 万記
ボートレース/ボートレーサー 一般社団法人ZERO代表
「栄光と挫折」を何度も経験された彼女から発せられる言葉、一つ一つが希望に満ちていました。さまざまな経験、体験をしてきたからこそ寄り添える言葉、アドバイスがどれほどの学生やアスリートを支えてきたのか、計り知れない物を感じました。競技者として、子どもを持つママアスリートとして、競技は違えど同じ境遇でレースをしている私には共感する部分がとても大きかったです。東京五輪というただえさえプレッシャーに押し潰されそうな大会を目の前にして、コロナ禍で誰もが先行きの見えない不安に押し潰されそうな時期に、自分の事だけでなく学生たちと共に共有して活動された事は、自身の力になる事は間違いないと思いますが、それを行動に移す決意の重みがどれほどのものかがわかるだけにA-STARTの凄みを感じました。これからの活動も非常に楽しみにしています。改めて受賞おめでとうございました。

受賞者コメント

寺田明日香
この度は、HEROs AWARDにご選出頂き、心より感謝申し上げます。名誉ある賞を頂き、大変嬉しく思っております。
コロナウイルスという新しい感染症が世界中に広まり、当たり前の生活が当たり前ではなくなってしまった2020年。
子どもたち、学生たちが日々努力し目指していた競技会は軒並み中止となり、練習さえもできない日々が続きました。
何のために頑張ってきたのか、何を目指したらよいのか。そのような思いを抱いている学生に向けて、現役選手だからこそ
できることがあるのではないかと考え、A- STARTというプロジェクトを始めました。
このプロジェクトは、トップ選手とその選手を取り囲むスタッフたちとともに過ごすことで、トップレベルの選手の動きや
練習環境を体験し、個々の課題解決と目標設定、モチベーションの向上を図ることを目的としています。

現役選手だからこそ、見せられる動きや伝えられる取り組み方、考え方があります。
それらを、次代を担う選手たちに感じてもらうことに価値があると考えており、彼らが一歩先へ進むためのキッカケに
なればと願っております。

選手たちを取り巻く環境が充実するよう、今後も活動を続けていきたいと思っておりますので、引き続きご支援のほど、
宜しくお願い致します。改めて、この度は本当にありがとうございました。

WINNERS 2021