2021/10/11
Athlete五郎丸 歩
対象:福岡市立老司中学校の全校生徒
五郎丸選手の母校、福岡市立老司中学校で講演を行った。
自身の幼少時代の話から、2015年のワールドカップでの話まで、世界で活躍してきた五郎丸選手だからこそ語れる話題を中学生を対象に講演。ワールドカップで抱いた感情の話や、自身のマインドコントコントロールや目標設定の方法について解説し、コロナ禍でも前を向いて活動し続けることの重要性を語った。
https://sportsmanship-heros.jp/article/211109/

MOVIE & PHOTOS
REPORT

主催者コメント

五郎丸 歩
ラグビー/ヤマハ発動機ジュビロ
ラグビーを32年間続けて自分なりに学んだことや、今の子供たちに必要だと思うメッセージを自分なりに噛み砕いて伝えることを意識しました。子供たちとコミュニケーションとれたし、自分の母校に少しでも力になれたと思います。
コロナ禍でいろんなことが制限されてる中でも自分に与えられた環境下で、しっかりと努力して自分の未来っていうのを切り開いていって欲しいなと思っています。

参加者コメント

中学3年生 女子生徒
コロナ禍の中でも楽しんで、先を見据えすぎないように自分の目標に向かって頑張っていきたいと思いました。
中学3年生 男子生徒
今日の五郎丸さんの話を聞いて、一つ一つ目の前のことを、自分の力でどうにかしていって将来の目標を叶えられるように頑張っていきたいです。
中学3年生 女子生徒
私は本番とか近くなると、とても緊張してしまうタイプなので、五郎丸さんが仰っていた「イメージ」と「準備」を大切にして、これからの受験頑張っていきたいなと思いました。