Judge

松田 裕雄

筑波大学客員准教授(国際産学連携本部)、株式会社Waisportsジャパン代表
1976年生まれ。
法政大学、筑波大学大学院卒業。
教育研究者としては、12年間の筑波大学体育系の講師(バレーボールコーチング論)を経て現職に就き、起業家的人材の育成や大学発ベンチャー育成、産学連携事業の開発を手掛ける。大学体育優秀論文賞受賞(全国大学体育連合)、指導下選手全日本チーム選抜、指導下学生チーム全国ベンチャーグランプリファイナリスト選出。
実業者としては、自身も筑波大学発ベンチャーとしてトップ球団「つくばユナイテッドVOLLEYBALL」(2年でVリーグ参入)、アスリートのキャリア支援「アスリートライフ」の起業を経て、現在は株式会社Waisportsジャパンを起業し代表として活動中。研究成果である「ひと・組織・まちづくりの計画的一体型開発を可能とする『スポーツ環境デザイン』」を手法とし、人材・組織開発支援、地方創生・地域開発リサーチ&コンサルティング事業やプロジェクトマネジメント事業を展開している。

HEROs Sportsmanship for the futureは、日本財団が運営しています。

痛みも、希望も、未来も、共に。