HEROs Sportsmanship for the future

search

2019/09/13

元・メジャーリーガー松井秀喜氏が「いじめ防止」プロジェクトをスタート

【English below】

いじめなどの悩みを相談できずに苦しんでいる子どもたちや、悩む仲間を助けたいと思っている子どもたちに、相談する勇気、いじめに加担しない勇気を持ってもらおうと、日本財団HEROsアンバサダーの松井秀喜氏、近賀ゆかり選手など、トップアスリートたちが立ち上がりました。

文部科学省の調査によると、2017年度のいじめ認知件数は約41万件と過去最多になっています。また、厚生労働省の調査では、人口10万人あたりの自殺者数を示す「自殺死亡率」において、19歳以下の死亡率も統計を取り始めた1978年以降過去最多を記録しており、対策が急務となっています。

松井氏は、これまでもいじめ問題に強い関心をもち、日本や米国で、いじめ防止のための活動を支援してきました。本プロジェクト「Stand by you」は、いじめなどの悩みを相談できずに苦しんでいる子どもたちや、悩む仲間を助けたいと思っている子どもたちに、相談窓口の存在を伝えることを目的としています。

松井氏の呼びかけに、元なでしこジャパンでワールドカップ優勝メンバー近賀ゆかり選手(オルカ鴨川FC)、男子車いすテニス日本代表の国枝慎吾選手、男子サッカー元日本代表の井原正巳氏、元女子フェンシング日本代表の杉山文野氏、車いすラグビーの今井友明選手といった各競技のトップアスリートが本プロジェクトに賛同し、メッセージを発信しました。

活動の第一弾として、トップアスリートたちのいじめ経験や、いじめに悩む子どもたちへのアドバイスを動画で発信し、一人でも多くの子どもたちにいじめや自殺を思いとどまらせようと活動を始めました。

いじめ防止動画「stand by you」はこちらから

松井秀喜氏いじめプロジェクト
松井秀喜氏「一方的な弱い者いじめほどダサいものはない」
近賀 ゆかり選手「そういうことするのやめたらって言う勇気をもてなかった」
近賀 ゆかり選手「そういうことするのやめたらって言う勇気をもてなかった」
国枝 慎吾選手「嫌な記憶として一生残る」
国枝 慎吾選手「嫌な記憶として一生残る」
井原 正巳氏「恥ずかしがらずにいろんな人に相談すること」
井原 正巳氏「恥ずかしがらずにいろんな人に相談すること」

松井氏はインタビューで、「人をいじめることは、一番やってはいけないこと」と強調し、「一方的な弱い者いじめほどダサいものはない」と話しました。また、7月より新たに日本財団HEROsアンバサダーに就任した近賀ゆかり選手は、「無視するのやめたら?と声をかける勇気が持てなかった」と自身の過去を振り返り、いじめに対する思いを語りました。

いじめを受けた子どもたちは一生心に深い傷を負います。いじめの現場で何もアクションを起こせなかった子どもも自分に後悔を覚えます。今現在も日本のどこかで、いじめで悩み苦しんでいる子どもたちがいます。本いじめ啓発動画を通して、アスリートが発信する言葉から勇気を出して行動する子どもたちが増えることを願っています。また、私たち大人も子どもたちの言動に目を光らせ、悩みを相談しやすい環境を作っていきましょう。

動画には下記の相談窓口の情報も掲載しています。動画をご覧頂きシェアしていただくことで、一人でも多くの子どもたちに相談窓口の存在を伝えましょう。ご協力をお願いします。

参考

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)

こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト)
いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト)
Mex(ミークス)10代向け支援サービス検索・相談サイト)

「Stand by you」主催:谷山 大三郎氏(一般社団法人てとり 代表)

The project to prevent bullying and suicide by Hideki Matsui, HEROs Ambassador and a former Major League New York Yankee baseball player

Standing up for children who are victims of bullying

In response to an appeal from HEROs Ambassador Hideki Matsui, many top athletes support Matsui’s initiative to help children suffering because they are unable to confide in anyone about being bullied, and children who want to help friends suffering from bullying, to find the courage to confide in someone or to refuse to take part in bullying.

According to a survey of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, the number of recognized cases of bullying in FY2017 reached an unprecedented high of approximately 410,000. In a separate survey of the Ministry of Health, Labor and Welfare, the death rate by suicide, which indicates the number of suicides per 100,000 of the population, was the highest on record for young people 19 years of age and younger since 1978, the year when the ministry started taking statistics, implying that immediate measures are necessary.

Matsui has had a strong interest in the issues related to bullying and has supported activities to prevent bullying both in Japan and in the United States for some time. The project “Stand by you” aims to inform young people of the existence of counseling services for those suffering from the inability to confide in anyone about their anguish from bullying, and for young people wanting to help their friends who are suffering from being bullied.

In response to Matsui’s appeal, top athletes agreed to support this project. These include Yukari Kinga (a women’s soccer player), Shingo Kunieda (a wheelchair tennis player), Masami Ihara (a former professional soccer player), Fumino Sugiyama (a former women’s fencing player), and Tomoaki Imai (a wheelchair rugby player).

As the first step in launching this project, a video presenting the personal experiences regarding bullying by top athletes and their advice to children suffering from bullying was prepared and disseminated with the aim of protecting as many children as possible from bullying and thoughts of suicide.

View the video by ‘Stand by you’ here https://www.youtube.com/watch?v=Rq4S0J0V6nY#action=share

In the interview, Matsui emphasized that “Bullying is the worst thing one person can do to another.” He continues by saying, “There is nothing worse than one-sided bullying of the weak.” Yukari Kinga, newly joint the Nippon Foundation HEROs in July, talked about her feelings towards bullying after reflecting on her own personal experience. “When I was young,” she said, “I did not have the courage to speak out and tell others to stop snubbing a person. But at the same time, I never wanted to join in snubbing others.”

Children who have been bullied are left with deep scars that last throughout life. Children who fail to take any action when they witness bullying also feel remorse. Right now, somewhere in Japan, children are suffering from the distress of being bullied. Through this educational video on bullying, we hope more children will be inspired by the words of the athletes and find the courage to take action.