search

一般社団法人 Sport For Smile
HEROs AWARD 2019

一般社団法人 Sport For Smile

スポーツメンタリング

PROJECT OVERVIEW

DV(家庭内暴力)の被害者家庭の子どもたち(小学校高学年)に信頼できるお兄さん・お姉さん(メンター)とともにスポーツをする機会を提供するスポーツメンタリングプログラムの実施。毎回メンターが送り迎えをし、安心して子どもらしくいられる場所でスポーツを楽しむ半年間で、自信を持ち、「いつもそばにいなくても自分を応援してくれる人がいる」ことを信じてがんばる力を身につけるプログラム。

プロジェクト名
スポーツメンタリング
取り組む社会課題

警察庁の発表によるとDV被害件数は14年連続で増加しており、既婚女性の3人にひとりがDV被害経験者であり、若年層では女性2人に1人、男性3人に1人が経験しているというデータがある。DV家庭の子どもは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥るだけでなく、別居を余儀なくされるタイミングで、学校に行かなくなる子も少なくない。母親が子どもに依存するケースも多く、子どもらしく甘えたりおねだりしたりということができない。また女子の場合は小学校高学年になると精神的に不安定で家事のできない母親の代わりに家事や幼い弟妹の面倒をみなくてはならず、学校に行けないケースもあり、暴力の被害にあった経験者は、自分の子どもにも同じことをしてしまう悪の連鎖につながることも少なくない。

目標/ミッション

DV(家庭内暴力)の被害者家庭の子どもたちの傷ついた心をスポーツを通じて回復させ、子どもらしくいられる場を提供することで、自信をつけ、人を信じる力を身につける。

活動開始時期
2014年~(継続中)

MOVIE & PHOTOS

プロジェクト活動に関する動画
プロジェクト活動に関する画像
プロジェクト活動に関する画像
プロジェクト活動に関する画像
プロジェクト活動に関する画像
プロジェクト活動に関する画像

JUDGE COMMENTS

中江有里

中江有里女優・作家

DV(家庭内暴力)の認識は社会に広がってきているが、どうしても個人の問題に集約されがちだ。こうした家庭内に閉じられた問題にスポーツがどう関わっていけるのか、ピンポイントかつ、見逃されがちであった現代的な挑戦だ。
DVの被害者である子どもたちに、家族間で得られなかった人と人のつながり、信頼を、スポーツを通して楽しみながら伝えていく。成長期の体だけでなく、心の成長も見守り、支えていく仕組みは素晴らしい。被害者である親も楽しみながら成長していく子どもたちの姿から活力を得ることができるだろう。

奥野史子

奥野史子アーティスティックスイミング/スポーツコメンテーター

DV(家庭内暴力)による PTSD(心的外傷後ストレス障害)が社会問題として取り上げら れる中、被害を受けた子どもたちがスポーツのチカラで支援されるこのような取り組 み、本当に素晴らしいと思います。家族や支援する大学生のスタッフにも変化があるということで、今後さらなる広がりを 期待し応援しています。Sport For Smile 様、この度の、HEROs AWARD の受賞、心よりお祝い申し上げます。

COMMENTS

一般社団法人 Sport For Smile

一般社団法人 Sport For Smile

この度は大変栄誉ある賞をいただき誠にありがとうございます。小規模でまだ試行錯誤しながら運営している活動ではありますが、DV被害者の支援という難しい分野に取り組んでいる点を評価いただけたとのことで、大変嬉しく存じます。そして、これまでの活動に協力してくださった皆さまに心より感謝申し上げます。毎回子どもたちの送り迎えをしながら彼らに寄り添い、全力で心を傾けてくれたメンターの皆さんや保護者・ボランティアの方々、協力団体、そして寄付者の皆さまのご支援ご協力がなければここまで継続できていなかったと思います。これを機会に、辛い現実を抱える子どもたちが、子どもらしく走り回り笑顔になれる瞬間、人を信じることの素晴らしさを学ぶ場所をよりよい形で提供し、彼らがたくましく成長していく一助となれますよう、チーム一同尽力させていただきたいと思います。

WINNERS 2019